海洋と地球の学校2016

 2016年3月26日~28日に、「海洋と地球の学校2016」を開催し、大学入学を控えた高校生・学部生・大学院生・社会人からなる総勢31名の方に参加していただきました。「災害を見つめ、明日の地球科学を考える」というテーマのもと、地球科学のこれからのあり方について考えを深めることを目的とし、災害に関する最先端の研究について講義・議論・巡検を通して理解を深めました。

 詳細は海洋と地球の学校2016HPをご覧ください。


3/26・3/27 講義とディスカッション@オーエンス泉岳自然ふれあい館

 東北大学・産業技術総合研究所から6人の講師に来ていただき、それぞれ研究されている分野の講義を行っていただきました。また、講義に関連したディスカッションを行い、講義についての理解や自分たちがどう災害と向き合っていくかを深めました。

◆第1講 2011年 M9.0 東北沖地震の発生メカニズム

 長谷川 昭(東北大学地震・噴火予知観測センター)

 

◆第2講 巨大災害の時代を生き抜くには?

      —東日本大震災での経験と教訓

 今村 文彦(東北大学災害科学国際研究所)

 

◆第3講 豪雨・台風災害のメカニズム

      ―地球温暖化で将来の水害は増加するの?

 呉 修一(東北大学災害科学国際研究所)

 

◆第4講 土砂災害と地質情報

 川畑 大作(産業技術総合研究所)

 

◆第5講 地震観測で見た東北地方の内地震

 岡田 知己(東北大学地震・噴火予知観測センター)

 

◆第6講 後期新生代、東北日本弧の火成活動史と

      地殻・マントル構造

 吉田 武義(東北大学リーディング大学院)

長谷川先生(第1講)の講義の様子

グループディスカッションの様子



3/28 巡検@仙台平野

 引率:後藤 和久(東北大学災害科学国際研究所)

 2011年に発生した東北地方太平洋沖地震で、仙台平野には津波が押し寄せました。巡検当日は震災からほぼ5年が経過していましたが、いまだにその爪痕は深く刻まれていました。

 この巡検では、実際に被害を受けた建物やトレンチ掘削を行い津波堆積物を実際に見てまわり、当時起きた未曽有の大災害について思いを馳せました。

仙台平野でのトレンチ掘削の様子。

剥ぎ取り標本で津波堆積物を観察しました。

山元町立中浜小学校を見学。

現在は震災遺構として保存されています。